Hai Phongはベトナムの古くて、3番目に大きな港都市である。ここは北部の重点経済地域から世界に輸送する重要な海上交通であり、国内外の投資家にとって友好的で魅力的な投資環境として徐々に確認している。

投資環境のデータ:環境投資:人事:

FDIプロジェクト総数(2019年12月までの累計):720

FDI投資資金総額:177億USD

投資した国、地域:36


主な投資分野:ハイテク、加工工業、電子機器設備製造
外国企業と協力した経験豊富な機関
Hai Phong市は地域の交通結構発展に投資:Ha Noi – Hai Phong高速道路、Cat Bi国際空港、Lach Huyen深港
Hai Phongにおける投資促進センターは企業に規制、政策のコンサルティング、必要な行政手続き完全のサポート、労働採用などを目的として設立され、投資家が投資時間と費用を最小化するのを支援する。

人口:200万人以上

面積:1561.8 km2

労働源:120万人、多数は若くて高度な技能を持っている労働者

教育模型:4大学、20短期大学及び多くの専門学校

給料:最小給料:4 472 600ドン/月